WinDriver 12.80 テストレポート

v12.80 がリリース

先日、v12.80 がリリースされました。バージョンアップの詳細は下記のリリースノートをご参照ください。

https://www.xlsoft.com/jp/products/windriver/wdversion.html

注目は、このバージョンから Windows 10 IoT Core 対応になることです。機会があれば、また、ご要望などが多ければ、弊社にてテストし、レポートをしたいと思います。

その他、面白そうなのが python 向けのサンプルプログラムが提供されていることです。内容は標準サンプルと同様な pci_diag や usb_diag なようで、下層で WinDriver API をコールするようになっているようです。そしてなんと、下記のように DriverWizard でも python コードが生成出来てしまうようです。こちらも、あとでテストレポートしたいと思います。

デモプログラム動作テスト

v12.70 の開発キットをアンインストールし、v12.80 をインストール。そして、プロモーション用のライセンスコードを付与し、DriverWizard が起動するところまで問題なく進みました。旧版で作成した FPGA ボード向けの DMA デモプログラムについても、リンクするライブラリ名を wdapi1270.lib から wdapi1280.lib へ変更し、そして新しいライセンスコードへ書き換え、問題なくビルド完了。DMA 転送についても、問題なく実行できることを確認できました。バージョンアップの度に行うルーチンですが、安定感があり有難い限りです。

これでいつでも製品デモを行えます。弊社で時々開催する製品説明会でお見せできます。ご希望ございましたら、特別開催やハンズオンセミナーも開催可能です。お問い合わせください。

python サンプルテスト

v12.80 では、標準サンプルの pci_diag や usb_diag に python コードが追加されました。 python 2.7 がインストールされている環境であれば、下記のようにその pci_diag.py などのスクリプトが走らせられます。

Jungo 社製品 WinDriver の詳細は今すぐこちらからチェック!

セミナーについての詳細は、こちらからご確認いただけます。

開催日以外でも随時セミナーを受け付けておりますので、 弊社問合せフォームからお気軽にご連絡ください。